読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ今週も誰とも会話しなかった・・・

専業トレーダー。完全無欠の引篭もり。人と一切の関わりを持たない生活。

大和証券が燃えてるらしいですね。

大和証券の何とか部長が反社会勢力の人だとか、なんだとか、かんだとか、ああだとか。

 

仕事柄金融系のフォローが多いからTLが大統領選と大和証券だらけに。

 

ところで反社会勢力とは何だ。

 

反社会勢力の構成員と言われる人たちはかなり社会的な勢力ではないかと僕は思う。

仲間内の規律を守るとか思想を統一するとか団結するとか。

あれほど強固な社会を形成しているのに反社会と言われるのはさぞ不本意だろう。

 

Wikipedia先生によれば、

社会は広範かつ複雑な現象であるが、継続的な意思疎通と相互行為が行われ、かつそれらがある程度の度合いで秩序化、組織化された、ある一定の人間の集合があれば、それは社会であると考えることができる

 

ということからも、

人は各々が何かしらの社会に属して生活しており、

その社会に沿った生き方をしている人は社会的な勢力なのである。

 

つまり反社会勢力とは、現在人数が多く主流派とされている社会に反している、という意味だと考えられる。

彼らの社会から見れば他の人が反社会勢力なのであって、仮に彼らが反社会勢力なのだとすれば、全ての人は何らかの反社会勢力ということになってしまう。

 

要するに一般的にすべての人は社会勢力であり反社会勢力なのだ。

 

したがって彼らは反体制派勢力、もしくは非体制勢力なのであって、とても社会的な勢力なのである。

 

結局何が言いたいのかといえば、

反社会勢力とは僕の様な人間の事だ、ということだ。

 

食料の買い物以外では一切外出することもなく、

スマホが音を発するのは目覚ましアラームのみ、

ここ数か月「ポイントカードお持ちですか?」「無いです。」以外の会話をした記憶が無い。

 

これこそが反社会勢力。

仮にどんな思想の集団が体制を握ろうとも、その社会に僕が含まれていることは決してない。

僕という集合 A は社会集合 Xn に対し、nに任意のいかなる集合名を代入しても常に背反なのだ。

 

わかっていただけただろうか。

 

つまりはこうだ。

 

誰か僕と社会的勢力になりませんか。