読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ今週も誰とも会話しなかった・・・

専業トレーダー。完全無欠の引篭もり。人と一切の関わりを持たない生活。

スウェット愛。

僕は一日の大半をスウェットを着て過ごしている。大半という表現は曖昧だろうか、どのくらいの時間を想像されるだろう、この場合の大半とは23時間45分のことだ。

寝るときはパジャマ代わりにスウェットを着ている、起きるとまず風呂に入る、これが15分くらいだろうか、そして風呂からあがったら起きている用のスウェットに着替える。出掛けるときはどうするのか、上からダウンジャケットを着れば良いだけである。

日本、いや世界で見ても僕以上にスウェットを愛用している人間はいないであろう、いるとすれば風呂に入るときもスウェットを着ている人くらいだ、だがそんな人間はいるはずがない。もしくは風呂に入らない人だが、こちらの人間に関してはいないとは言い切れないところが今回の主張のネックではある。しかし、それでも僕が世界有数のスウェッティナーであることには変わりがない。

声を大にして言わせて頂くがユニクロの広報部は一体何をしているのか、ベストスウェティニストの打診はいつ頂けるのか、言っておくが僕がこのままトレード界で実績を上げ億単位の収益を上げた日には僕が着ているスウェットは億を稼いだスウェットになるのだ、そこをわかった上でのことか、スポーツに置き換えれば億プレーヤーが着用する衣類にどれだけの広告効果があるかなんてことは誰でも知っている、僕と年間契約を結びスウェット1年分を提供したとしても早過ぎるということはないはずだ、しかも僕の言っている1年分とは寝る用と起きる用の2着の事だ、こんなに美味しい話はない。ただしデザインはオリジナルでお願いしたい、色は黒系であれば何でも構わない、胸元と背中に文字を入れて欲しい、胸元に「平常心」背中に「不死鳥」が良いだろうか。

なぜこんなことを言い始めたかといえば、そろそろスウェットがボロくなってきたので買い替えなければなと思っているからだ、ユニクロ広報部の方は早急にご連絡を頂きたい、もしご連絡頂けないようであれば僕としても考えがある、覚悟はいいだろうか、よく聞いて欲しい、来期のスウェットはしまむらで買う用意ができている、そのつもりでいてもらいたい。