あぁ今週も誰とも会話しなかった・・・

専業トレーダー。完全無欠の引篭もり。人と一切の関わりを持たない生活。

拡大型ペナントうざ過ぎ問題

f:id:hari-nezumi:20171029162941p:plain

こいつ!

ほんと嫌い!

なんなんこれ!

 

f:id:hari-nezumi:20171029163201p:plain

はーーっ?!

なんなんお前?!

まじ意味わからん!

 

トレードしてて、ふっっざけんなよ!!!ってなるのはこいつが出て来た時くらいよ。

ほんとに。

なんなんでしょうか。

 

 

 

72億分の1の幻想

交通事故で死ぬ確率
1万分の1

誰かに殺される確率

20万分の1

飛行機が墜落する確率

100万分の1

外出中に雷に打たれる確率

400万分の1

宝くじ当選確率

1000万分の1

二人の男女が出会う確率

72億分の1

出会えた奇跡。

72億分の1の奇跡!

いやいやいやいや、おかしいだろ、どう考えてもおかしいだろ。

むしろ考える余地もなくおかしいだろ。

数字に弱いとかとは次元が違う、

これを36億分の1って言っちゃうなら、まあね、思考は読める。

もしくは、二人の男女じゃなく流行りのBLTみたいなやつ、

何だっけあれ、思い出せないけど、BLTはベーコンとレタスとトマトだけど。

男でも女でもいけますよ的な、それだったら72億分の1、まあ、うん、がんばれ、くらいの事だけど。

二人の男女が出会う確率、

72億分の1、

これは、読めない、どう考えたらそうなったのか皆目見当が付かない、

まさに奇跡。

この文章が生み出されたことが72億分の1の奇跡だと言っても過言ではない。

 

こうしよう、

A、B、C、D、E、a、b、c、d、e、10人の男女がいる。

 

二人の男女が出会う確率を求めよ。

 

まあ、そもそもこれでは解きようがない。なので、

 

二人の男女が出会う確率を求めよ。

(ただし各々は人生でちょうど3人と出会う(※1)こととする。)

 

これで解ける(※2)のだが、おそらくこれではポエムの本来の意図とズレてしまう。

ポエムの言わんとすることは、ある特定の二人の男女が出会う確率であろう。

 

二人の特定の男女が出会う確率を求めよ。

(ただし各々は人生でちょうど3人と出会うこととする。)

 

これで問いとしては成り立つのだが、正直めんどうくさい、なぜならこの場合、私と無関係なところで私を含まない特定の男女が出会う場合も含まれてしまうからだ(※3)。

 

もうハッキリこうしよう、

二人の特定の男(私)女(貴方)が出会う確率を求めよ。

(ただし各々は人生でちょうど3人と出会うこととする。)

 

どうせポエムが言いたいのもそういうことでしょ、私と貴方が出会った72億分の1の奇跡って言いたいんでしょ、言っとくけどな、違うから!

 

いい加減答えを出そうか、

私、B、C、D、E、貴、b、c、d、e、10人の男女がいる。

この中から私と貴方が出会う確率を求めよ。

(ただし各々は人生でちょうど3人と出会うこととする。)

 

、B、C、D、E、、b、c、d、e

私の人生において私は私を除く9人の中から3人と出会う、

その出会い方は全部で、9C3 通りだ。

次に、私が貴方と出会う場合の数は、

1×8C2=8C2通りだ。

つまり、私が貴方と出会う確率は8C29C3=1/3

3分の1である。

 

 

 

さて、実際は72億人の中から二人の男女が出会う確率を求めるのだが、

人生で出会う人数は3万人らしいので、それを使うとする、

さらにここでも二人の男女というのは私と貴方だということにしよう。

 

求め方は同じだ、1/239999になる。

およそ、24万分の1だ。

誰かに殺される確率と同じくらいで飛行機事故よりは断然あいやすい、だいたいの人間は妥協をするので、貴方ではない貴方を貴方だったということにするので、殺されるよりも結婚する人の方が多いのだろう、

妥協を許さず貴方に出会いたいのであれば、それは誰かに殺されるよりも少し難しいが、飛行機事故にあうよりは簡単だ、個人的には納得のいく確率なのではないかと思う。

 

ところで男女両方いける方は2倍と思われがちだが、特定の異性と出会う確率と特定の誰かと出会う確率は、求め方が同じである、当たり前だが特定の同性と出会う確率も同じである、特定の誰かが異性だろうと同性だろうと数学上なんの違いもないのだ。真に差別のない世界とはこういう世界だろうと僕は思う。

 

これは久しぶりに綺麗にまとまった、そうですよ、最初から差別の話がしたかったんですけど何か問題ありますかね。

 

 

※1

書き終わってから10人の人間が各々ちょうど3人と出会うのは不可能だと気づいた、各々がちょうど3人と出会うということは4人組を作るのと同意なので、全体が4の倍数でないとマズかった。

 

※2

世界の中で二人の男女が出会っていれば良いのであれば、

10人は間違っていたので12人にするが、

A、B、C、D、E、F、a、b、c、d、e、f

この12人を4人組に分けて、その組の中に1つでも男女共に含まれている組があれば良い、 ということになる。

例えば、

A、B、C、D/E、F、a、b/c、d、e、f

こういう出会い方になったとしても真ん中の組では男女が出会っているので、二人の男女が出会う、は成立している。

つまり、この場合、どう組み分けしても必ず1組は男女が共に含まれてしまうので、

二人の男女が出会う確率は1だ、100%だ、必ず出会う。

 

人数比を変えれば出会わないこともあるが、条件が厳しく、例えば

A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、a

極端にバランスを崩しても

A、B、C、D/E、F、G、H/I、J、K、a

 出会ってしまうのだ

 A、B、C、D/E、F、G、H/a、b、c、d

こういう場合しかない。

要するに現実の世界でも二人の男女が出会う確率は限りなく1に近いということだ。

 

※3

これめんどくさい、まず特定の二人を決める場合の数が入って、そこから組み分けして、各組の中に最初に選んだ特定の二人が入っている場合をだして、みたいな感じか。

まあ、何にしろこれも24万分の1よりはだいぶ大きい数になるけどな。へっ!

 

 

 

 

 

完璧に機能する(様に見える)(詐欺)インジケーターを作成

長年の研究の結果ついに完璧に機能する(様に見える)インジケーターの作成に成功した。

おそらく勝率100%だ、機能しない局面もない。

ただし、

詐欺なのが唯一の欠点だ。

f:id:hari-nezumi:20171026190424p:plain

黄色の線がピンクの二重線の外側に出たらエントリー

内側に戻ったら決済

 

持ち合いは見事にスルーし、流れが出たところだけを完璧に取るのだ。

嘘インジだけど。

 

しかし嘘とは言えども完璧なものが作れたのは初なので、

これをベースに何か発見がないかと思っているのだが、

どうなんだろうか。

 

何か思いついた方は御一報ください。

 

 

 

読書感想文が・・・

このあいだ、とある人の、読書感想文の代筆をした。

さて、宿題で出された作文を片付けたいという目的に対する代筆の最適解は何だろう。

間違いなく可もなく不可もない作文を書くことだ。

ところがどっこいどうしたことか学校代表の数名に選出されてしまったとのこと。

代筆としては完全に失敗である。

 

お前大人気ないな、どれだけ本気で書いたんだよ、と言われそうだが、まあ本気では書いたのだが、僕としてはノーマルな構成の読書感想文を本気で書いたつもりなのだ。本当に本気ならノーマルを崩して狙っていく書き方をする。

 

しかしだ、このノーマルな構成というのが実は曲者で、読書感想文なのだから本の感想を書くのがノーマル、とするならば、現状の読書感想文のノーマルは既にノーマルを崩して狙っていく書き方がノーマルという状態になっている。つまり本の内容を書かない例のアレだ、これは本の話じゃなくてお前の話だろ、という例のやつだ。

つまり僕が本気でノーマルなものを書いたということは、本気で狙って行く書き方をしたということになってしまうのだから、それは本気で書いたということなのでは?とも言えなくはないが、しかし狙っていく書き方がノーマルであるならば、本当に本気で書くなら狙っていく書き方をさらに崩して狙っていく書き方をしなければならない訳だから狙って崩して狙って本気で狙って狙って崩して狙って訳わからん。

要するに、どうせこういうのを書けば良いって言われるんでしょ、ってものを本気で書いたのだ。まあそれが裏目に出たのだろう、まさか評価されるべく書いたものがそのまま評価されるとは、その評価基準はそれで良いのだろうか。むしろ僕が本気で良いと思う読書感想文を書いた方が評価されなかったのかもしれない。

 

言い方で察していただいていると思うが、そもそも僕は評価される読書感想文に対して常々こんなの本の感想じゃないよ、と思っているのだが、実際に僕は今回感想文を書くにあたり本を読んでいない、ネットであらすじを読んだだけだ、だって本の内容なんて書かなくて良いのだから読む必要なんてないのだ。むしろ本を読んでしまい、それが面白かったりしたときには本の感想を書きたくなってしまうに違いない、だが読書感想文にそんなものは求められていないのだ、とするならば、本を読まないことは読書感想文を書く上で理にかなった行為だと言えなくもない。そしてその様にして書いたものが評価されるべく評価されていることは読書感想文の現状に対するアンチテーゼであると嘯いてみたりしようか。

 

ちまにみ今回使った僕のベタだと思う読書感想文の構成はこうだ。

 

 本文から印象に残るシーンの引用(超絶ベタ手法)

 そのシーンを読んだ時の気持ち(短めに、ここで敢えて感想に行かない)

 あらすじ(可能な限り短く端的に)

 導入部(ここからメインの文、ここを最初に持ってこないわざとらしいやり方)

 展開部&引用(話を展開させつつ、その事に関する別の本などからの引用)

 体験談(これは絶対に入れなくてはならないやつ、ある意味ここがメイン)

 主張(ここまでを踏まえた自分の意見)

 〆

 

どうだろうか、結構わかりやすくベタではないだろうか、こういうのが書いて欲しいんでしょ?な感じが出過ぎてしまっているかもしれないと思っていたのだが、どうやらこういうのが書いて欲しかったらしい。

まあお陰様で代筆としては失敗になってしまった訳だけれども。

もう一度言い訳させてもらうなら評価基準をわかっていて基準に乗せている様なものを評価する体制がおかしい、となるのだが、ね、そこまでわかってるなら中の上くらいになる構成で書けよって話だと思わなくもない、それは、すまんかった。

 

 

ヤマト運輸と僕

昨日お風呂の電球が切れてしまったのだが、買いに行くのが面倒くさい、駅前まで行くのが面倒くさい、徒歩10分くらいだが面倒くさい、そもそも家を出るのが面倒くさい。

よしAmazonで買おう、ポチッ、んで夜に頼んで今朝8時に届くと思わないよね、こんなん奥さんに頼むより早いって、奥さんに夜になってから電球切れたって言ったら、はぁ?何でこんな時間に言うの?って言いつつも翌日には買ってきてくれるだろう、しかし、朝の8時には買ってこないだろう、きっと昼頃だ。まあ奥さんいないが。

そのくらい素晴らしい仕事の速さなんだけれども、残念な事に受け取る側が全く素晴らしくない人物なので完全に寝ている、しかも起きたくないから居留守ときた。さて、起きた、外は雨だ、うわぁ申し訳ない事をしたな、と思うものの同時に不在票を取りにポストまで降りるのが面倒くさいと思っているので、本当に申し訳ないと思っているのかは甚だ疑問だ。お、携帯に不在着信だ、これはヤマトの方に違いない、これに掛けちゃえ。

「はい、ヤマト運輸〇〇です」

んー、荷物が届いてたことは居留守をしてたから知ってるけど、いきなり再配達の話をすると、お前何で知ってんだ、ってなるよな。

「えー、朝お電話いただいたみたいなんですけどー」

「あ、お荷物配達させていただいたんですが、お留守の様でしたのでお電話1本入れさせて頂きました、今日お帰りは何時頃になりますか?」

お帰り、お帰りかー、家を1歩も出てないから帰らないなー、そんなこと言えない、ここは仕事に行ってる風にしよう、でもあまり遅いと再配達してもらえないかもしれない、仮に5時で仕事が終わるとして、

「6時頃には帰ってるかと思います」

「では、本日6時以降で再配達させていただきますので」

「よろしくお願いしますー、すいません」

あのね、朝から雨の中ですよ、8時前から働いている方がですよ、寝てた奴に再配達してやる必要なんて全くないですよ、しかもこいつはポストに行くのも面倒くさいとか言って、再配達の紙は未だにポストに入ったままですよ、その上だ、荷物の中身は買いに行くのが面倒くさいから注文した風呂場の電球1個ですよ。

お前は今から自分で買いに行け!この電球は俺の風呂に付ける!って言われても文句は言えない、申し訳ございません、つまらないものですが電球は差し上げます、と言わざるを得ない。

だが、そんなことは一言も言わずに届けてくれるのだ、なるべく不快な気持ちにしない対応をしなければ、事実には不愉快になる要素しかない、ここは設定を考えてその様に振舞おう、朝は仕事に出ていたのだ、今は帰宅した直後である、僕も一日働いて来たところだ、荷物はとても重要なものだ、そうだな、先日ピラミッドから発掘された古代エジプト時代の風呂場の電球ということにしよう、これなら近所の電気屋には売っていない、届ける価値があるものだ。Amazonが箱に余計な事を書いていないことを願う、パナソニック、これパナソニックって書いてあるけど、いやその、古代エジプトのですねパナソニック王朝というのがありましてですね、EFG22は発掘された際の識別番号でして、よし、今からそういう役作りに入ってスーツで待機しよう、そうしよう。

 

そんなこんなでAmazonで日用品を注文すると必ず、これで良いのか、世の中何か間違ってはいないか、という微妙な気持ちになる。まあ間違っているのは世の中ではなく僕の生き方である可能性は高い。