あぁ今週も誰とも会話しなかった・・・

専業トレーダー。完全無欠の引篭もり。人と一切の関わりを持たない生活。

人間にはルールを守り通す機能は存在しないのではないかという問い。

blog.livedoor.jp

ツイッターで仲良くさせて頂いている方がルール破りによって退場を決意されたとのこと。僕はとっても悲しいのだ。足を撃たれた戦友に「俺を置いて先に行け!」と言われた感じ、頭を撃ち抜かれたのなら諦めるしかないところなのだが。

なので彼を悼んで思ったことを少し書こうと思う、彼について思うところではないのであしからず、この先にBL的な展開は待っていない。トレードについて思うところだ。

まずこの行動自体すごいことだと思っている、尊敬だ。ルールを破ったら退場すると言っているトレーダーはたくさんいると思うが、何だかんだで退場しない、ルールを守れず徐々に資金が減り続けることに嫌気がさして去っていくか、ルールを守れずぶっ飛んで去るか、まあそんなところである、ルールを破ったので退場したトレーダーは初めて見た。

そもそも僕自身が未だにルールを守れないトレーダーだ。「ルールを破ったら為替を止める!」と何度紙に書いて張り付けたか数えきれない「ルールを破ったら死ぬ!」と書いたこともある。結局止めていないし死んでもいない、ということはルールを守っているのかと言えば、守っていないのだ。これは専業になってからも変わっていない、リアルに生活に影響するのにも関わらずだ。

さて、本題だが、僕は自分がルールを破ったら止める!と言っていても結局はルールを破ってしまうのは本心では止める気がないからだと思っていた、本当に止める覚悟なんてしていないからルールを破ってしまうのだと思っていた、逆に言えば本当に止める覚悟さえすればルールは守れるのだと思っていたのだ。

だがどうだろうか、本当にルールを破ったら止める覚悟があった方がルールを破って止めてしまったのだ、これは戸惑う。本気で覚悟を決めたならルールは守れる説は成り立たないということだ。

ではどうしたらルールは守れるのか。ここで思うのは、そもそも人間はルールを守ろうと思ってルールを守れる様に出来ているのかということだ、まあ普通の状況では守れる人がほとんどだろう、しかしブログの著者りーさんが言っている「不安定な状態」と「不安定な行動」、こうなった時にどうだろう、会社に遅刻しそうでスピード違反をしてしまう、激高して人を殴ってしまう、よくある話だろう。ただだからと言って誰もが人を殴っている訳ではない、それはそうなのだが、これは単に頻度の問題だろう、実生活でそれ程の頻度でその状況に置かれることはない、その状況に置かれない様に避けることも可能だ。だがトレードをしていると否応なしに日に何度もその状況に置かれる、毎日毎日毎日だ、それでもルールを守ろうと思っていればルールを守れるのだろうか。僕は守れる気がしない。

ではどうすれば良いのか、一つは止めることだ、車に乗るのを止めてしまえば絶対にスピード違反をすることはない。

だが僕は今後も為替を続けるのだ、止める気はない、だがルールを守れるようになるとも思わない。しかし止める気はない、潔が悪いのだ。

なのでルールを守るつもりが無くてもルールを破ることをなくす方法を考える、どういうことか、つまり、例えば僕は非常に貧弱なので誰かに対し激高したとしても殴りかかる事はない、何故なら殴ったところで効かない可能性が高いし反撃されれば確実にやられるに決まっているからだ。これは人を殴ってはいけないルールだから破らないようにしている訳ではなく、殴っても意味がないとわかっているし反撃されるのが怖いからやらないだけだ、ルールを守っている訳ではない、だがルールを破っていない。

実はこれについては有名なトレード本「ゾーン」にしっかり書いてあることである、「機能的レベルで一貫性の原理を心のシステムに取り入れる」みたいな感じだったか。要は深層心理レベルにルールを破ると酷いことになんぞって事が刻み込まれてないとルールなんて守れんぞって話が本一冊分書いてあるのだが、今回の件でそんなことを改めて、自分の言葉として認識出来た。彼の死は決して無駄にはしない。

 

 

テンプレ記事にもやもやする。

最近はネットで何か調べようとすると大量のテンプレ記事を見る羽目になる。

あれは何なのだろうか、味の無いガムを食べさせられているようなあの感じ。

 

と書いているのは、この方の記事に触発されてのことなのだが、

「昔のインターネットの方が個人の利害が関係ない情報をたくさん見れた気がする」のは幻想だと思う - 最終防衛ライン3

たぶん同じような事を感じている気がするのだ、僕も昔のインターネットの方が情報をたくさん見れた気がする幻想がある、しかし確かに情報量で言えば明らかに今のインターネットの方が豊富だろう。では何故この幻想が生まれるのか。

それはつまり味の無いガムは食べた気にならないからに違いない。

昔は検索していて自分が知りたい事ではない情報に当たっても、それは誰かの意見であったり日記であったりした訳で、全然必要なかろうが面白くなかろうがマズかろうが何かしらの味はあったのだ。それが今は検索していると大量の無味を味合わされることになる。

具体的にはこうだ、僕はwindowsの更新を無効にする方法を探している。

f:id:hari-nezumi:20170721171714p:plain

一番下のところから知りたい事が書いてある、上の部分は何だ?味が無いにも程がある。ところで、この無意味な画像を最初に入れるシステムっていつから?これはまだマシな画像だけど、あれだよあれ、日本の記事なのに知らない外国人のフリー画像とか使ってるやつさ、誰だよ。

まあ後の部分もさ、何でもないよこんなの、何でもない、人の噛んだ後のガムの方がまだ味がある。

そのあと、こうなって、まあ知りたい事は書いてはあった。

f:id:hari-nezumi:20170721174237p:plain

対してこれ、

f:id:hari-nezumi:20170721172910p:plain

真ん中の4行で上の記事と全く同じ内容。

しかも下の記事は、あ~ネトゲの放置は自動更新嫌だろうね、なるほど。といういらない情報も手に入る、上の記事は特に何も無い、無、無、全くもって無。

 

という訳で昔は下みたいな記事の中から欲しい情報を探していたのが最近は大量の上みたいな記事の中から欲しい情報を探さなけらばならない、これが昔のインターネットの方がたくさん情報が見れた気がする幻想になるのだと思った。

僕は同じいらない情報なら無意味な画像や広告や記事のリンクより他人の日記を見る方が全然良い。なんとかならんかテンプレサイト。

 

あ、下の記事は結構褒めているつもりなのでリンクを貼っておこう。

ねこさんなのです : Windows10 (HOME) で windows update の停止・手動化

 

上のサイトはリンクすると営業妨害で怒られそうなので止めておこう、まあ味の無いガムも嫌がらせのために作っている訳ではないでしょうし。

忖度って言い過ぎ。

最近やたらとネットニュースで忖度という言葉を見かける気がする、何というか、目障り!

何のつもりで使っているのか、今までに使っていた言葉では言い表せない様な複雑なニュアンスが含まれている言葉でもないし、わざわざ使う意味がわからない、まさかカッコいいと思っているのか、こんな言葉を使う俺カッコいいなのか、たまたま知ったムズカシイ熟語を使ってしまう中学生の作文なのか、そもそも文章全体の格調と合ってない、使うなら使うで全文をそこに合わせるくらいの事はして欲しい、明らかに、浮いてるよ、その単語だけが。

そもそも森友の話で忖度なんて言葉を使ったのだって、言葉の持つ意味を必要として使った訳ではなく、格調の高い言葉を使った方がその言葉で表された行動も高尚なものだった様な気になるでしょ、っていう戦略としての言葉選びでしかないと思う。

例えば、ブログを書く時に「ネタをどうするか考えた」と書いたなら、今日もどうでも良いこと書くつもりだったんだなと思われるだろうが、「話柄について思索に耽った」と書けば、高尚な事を書こうとしていた感じになるだろう。

そういったことも含めての言葉選びがされていたと思うのだが、それを忖度という珍しい言葉だけを引っ張って来て何と言うか、まあどうでも良い様な記事の中に使う、何の目的で?ネットニュースとは言え仮にも文章を書く仕事をしてる身として今までの自分の言葉選びに対する自負は無いのか。

と、こんなブログを書いている僕に言われてしまってはもうおしまいだと思う訳!

 

 

PR担当者がダチョウ倶楽部を寵愛する理由 (プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

f:id:hari-nezumi:20170709160907p:plain

ラジオ

最近これ面白いなあと思ってずっと聞いている。

伊集院光とらじおとゲストと ゲスト:ロバート・キャンベル 【日本文学者】(2016.08.29) - YouTube

伊集院光とらじおとのゲストコーナー、とても面白い、特に何かしらの専門家が来ている回。

もともと専門家の話を聞くのは好きなのだが、講演ではやや硬すぎる、テレビでは余計なことが多すぎる、そこのとこラジオの生番組というのは非常にバランスが良い。そして伊集院光の当たり障りの無い話だけしては決して帰さないというホスト能力。この対談それぞれ2時間くらいやって音声ファイルで発売してくれないものだろうか。そしたら買うのになあ。

 

 

レポート:モーツァルトについて

さて、どうしたものか、私はモーツァルトに対して何の思い入れもない、興味を示してこなかったからだ、したがって知識もない、知っている事といえばモーツァルトが偉大な作曲家であるというくらいのものだ、作曲家である、作曲家であるならば、ここで私がモーツァルトについて語る上でまずすべきことは曲を聴くことであろう。

というものここで私が、彼は5歳で作曲をしただの4日で交響曲を書いただの言ってみても、彼の曲からは α 波や 3500Hz の周波数が多く発せられていて、その効果は、なんて話をしてみても、モーツァルト的には「そんなことより、まず曲を聴け、話はそれからだ」と思うに違いないからだ。

それならば、聴こうではないか、しかし、いったい何から聴けば良いのか、クラシックに疎い私にはさっぱり見当が付かない、アイネクライネナハトムジークトルコ行進曲あたりは知っている、があまりに知名度が高すぎて改めて聴く曲として選ぶにはやや抵抗がある、と思っていたところでディヴェルティメント K.136が勧められているのを見つけた。

これは良い、まず曲名が良い、わかってる感が醸し出されている、モーツァルト聞いてますよ感に溢れている、これだ。と、聴こうとしたところで思う、まてよ、これを聴いたと語る際にとても重要な事が一つある、さて、曲名は何て読めば良いのだろうか、ここを間違えると台無しだ、何を語っても苦笑いしか頂けない。K(ケー)ではないだろう、モーツァルトはヨーロッパの人だ、そのくらいは知っている、Kの発音はケーではないに違いない、何でしょう、K(ケッヘル)と読むそうだ、「ディベルティメントケッヘルひゃくさんじゅうろく」と判明した。これで心置きなく聴くことが出来るというものだ。

聴いてみた、うん、まあ、なんだ、感想が何も浮かばない、正直に聴いた直後に思ったことを書くなら「うん・・・」だ、これはどうすれば良いのか、何も語れない、ここは仕方が無いので勧めていた方の感想を参考にさせて頂くより他にないだろう、

” 第1楽章の青空を突き抜けるような伸びやかな旋律 "

ん?!青空?!青空・・・見えたよね・・うん、そう、見えた・・・

" 第3楽章は無邪気な沸き上がる楽しさ "

無邪気?!無邪気・・・そ、そう、そんな感じ・・・
" ディベルティメントは、これから輝かしい未来に向かって、
 その有り余る神から授かった才能を宿した少年の、生の喜びが成した傑作だ。 "

あ、えーと、もう無理なんで素直に白状すると、全くわからない、この感想読んでから聴いたってわからないもの、少しもわからないもの、無理だって、どうやったらこんな感想になるのか、そうは言っていても仕方が無い、何かわからないけど、やってみようか、

” 水浴びする乙女がいて、風に舞うアカシアの花びらが

 香りとともにその黄金色の色彩を水面に浮かべている。乙女はそっと口づけを "

あ、間違えた、これは白ワイン「ムルソー」の感想だ、しかも漫画「神の雫」より抜粋のやつ、要するにそのくらいわからないという話だ。

結論いこうか、私にはクラシックを語る感性や素養が足りていない、一曲も鑑賞することが出来ない人間が彼の生い立ちや人物像、業績、諸々について語るなんてことは烏滸がましい以外の何物でもない、つまり今回のレポートで私が言える事はただ一つである、今現在の私にはモーツァルトを語る資格は無い。

とは言え、クラシックをある程度きちんと鑑賞するためには前段階でそれなりに作曲家や楽曲についての知識を入れておいた方が良いという事は理解できた、感性はどうしようもないが素養は付けられる、つまりこのレポートはそのためのものだろう、今の私にモーツァルトを語る資格は無いので何も語らないがレポートを書く上で得た知識が今後のモーツァルトの鑑賞を豊かなものにすることは間違いが無い、ここから始まりいずれ語れる様になる日が来るかもしれない。

>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<

どうでしょう、1600文字、案外と綺麗に着地できたんじゃないだろうか、このまま使っても良いよ、いや、このままはふざけてると思われるかもしれないけど、もう少しだけ真ん中辺を真面目にすれば使えるんじゃないだろうか、どうだろうか、どう、どう思う、むしろ使って。

>-------------------------<

めっちゃわかってる風も書いてみた、改行無しで1000字足りないくらい。

>-------------------------<

モーツァルトについて何を書こうかとなれば、やはりピアノ協奏曲についてだろう。器楽、声楽、宗教曲とあらゆるジャンルを手掛けており、いずれのジャンルでも名曲といわれる作品を残しているモーツァルトだが、彼はピアノとクラリネットを愛していたと言われている、中でもピアノは名手であり、ピアノ協奏曲はライフワークと言われるほどであったとされる、実際モーツアルトはピアノ協奏曲を1番から27番まで作曲している、これはモーツァルトに並んでウィーン古典派三大巨匠と言わているベートーヴェンのピアノ協奏曲が1番から5番までなことを見てもかなりの数であろう。ピアノという楽器の魅力と面白さを遺憾なく引き出した作曲家と言えばモーツァルトをおいて他にはいない、モーツァルトを語る上でピアノ協奏曲を外すことは出来ないと言っても過言ではないだろう。
そんなモーツァルトのピアノ協奏曲だが、中でも一般に最高傑作と評されているのは23番と27番あたりであろう、ただ最高傑作の話は他に譲るとして、ここでは敢えて22番の話をしたいと思う、敢えてと言ったのは22番の評価は他に比べあまり高くないからであるが、というのも20番以降の作品はすべてが有名であると言えるモーツァルトのピアノ協奏曲の中で実は22番は25番と並んで地味であるという評価を受けることが多い。
では何故ここで22番なのか、それはピアノの特性を知り尽くし数多くの優れたピアノ協奏曲を生み出し続けたモーツァルトでさえもピアノ協奏曲において飛躍的な深化を遂げた時期があり、それこそがピアノ協奏曲22番K428からだと言うことが出来るからである。この22番のアダージョ(遅い速度で書かれた楽章)は深い慟哭や孤独、心の翳りがテーマとして扱われており、モーツァルトが作品の中でこれほどまでに自分の内面を深くえぐり出すことはそれまでにはなく、この22番を経てこその最高傑作と言われる次の23番、晩年の27番があると言っても良いのではないだろうか。そうしたことを踏まえてみれば22番は名曲揃いの20番以降の中で地味な作品などとは言えないだろう、むしろモーツァルトを聴くのなら是非聞いておきたい魅力的な作品であると言える。